城西クリニックでしっかり薄毛治療【抜ける原因に着目する治療】

海と男性

自分の毛髪を使う治療

男性の頭

自分の毛髪を移植する

薄毛を解消したいために育毛剤や発毛剤を使ってみたけど効果が実感できないという方は多いのではないでしょうか。育毛剤や発毛剤は効き目が緩やかなので、早く薄毛を解消したいという方には向いていません。少しでも早く薄毛になった場所に発毛効果を期待するなら自毛植毛がお勧めです。自毛植毛は、後頭部や側頭部の自分の毛髪を使って薄毛の場所に移植していく方法です。治療費用は育毛剤や発毛剤より高額になります。しかし、移植した毛髪が頭皮に根付けば、後は自然に発毛してきますので、増毛やカツラのようにメンテナンスのために通院する必要はありません。緩やかな効き目の育毛剤や発毛剤を購入し続けることを考えると自毛植毛の治療費用が高額だとは言えません。

手術方法を知る

自毛植毛は医療行為に当たり、形成外科の分野になります。自毛植毛の手術には、大きく分けてFUT法と呼ばれるメスで頭皮を切開する方法とメスを使わないFUE法の2種類があります。FUT法は後頭部の毛髪を頭皮ごとメスで切り取り薄毛の場所に植え付けます。後頭部を切開するので後頭部に傷跡が多少残りますが、目立たなくなります。もう1つの手術方法は、極めて小さい吸い口の吸引器具で後頭部の毛髪を頭皮ごと採取する方法です。メスを使わないので傷跡が残りません。そして、薄毛になっている場所に小さな穴を開けて毛髪を植え付けていきます。移植された毛髪は、1度脱毛しますが次の新しい毛髪が発毛しますので心配はありません。頭皮ごと移植された毛髪は、薄毛の部位に根付いて発毛し成長して伸び、脱毛するというヘアサイクルが正常に行われるようになります。